丸文株式会社 株式会社ケィティーエルは、
2018年10月1日に丸文株式会社に統合されました。

セラミックコンデンサ供給難に対処するアイディア

技術コラム

2018年 8月29日

電源コラム

セラミックコンデンサ供給難に対処するアイディア
世界的なセラミックコンデンサ不足が続く?
スマートフォン世界的な普及や自動車の電動化の波を受けて、電子・電気機器に広く使われているセラミックコンデンサ(MLCC)の供給不足が続いています。
市場ではセラミックコンデンサの価格上昇、供給打ち切りなどが起こっており、この傾向は数年続くと予測されます。

(出展) Paumanok Publications, Inc.

電源回路では通常、入出力コンデンサを必要としますが、最近のリニアレギュレータ(LDO)の中には、コンデンサ不要(キャパシタ・フリー)を謳う製品があります。
セラミックコンデンサ入手困難な今、このような製品を検討してみることも一つのアイデアです。
コンデンサ不要(キャパシタ・フリー)リニアレギュレータとは?

一般的にリニアレギュレータ(LDO)は、内部位相補償のためにコンデンサが必要になります。
お使いのリニアレギュレータに適した仕様のコンデンサを付けることによって、回路の発振が起こらないようになります。
半導体のテクノロジーの進化によって、最近ではコンデンサによる位相補償を行わなくても安定するリニアレギュレータが存在します。

(出展)TI社TPS731データシート
注)キャップフリーのリニアレギュレータにおいても、使用条件によってはコンデンサを付けないと安定動作しない場合がございます。特に過渡応答が大きい場合などにはコンデンサの使用を必要とする場合があります。
テキサスインスツルメンツのコンデンサ・フリー対応リニアレギュレータ製品(抜粋)
TPS731   - キャップ・フリー、NMOS、150mA、LDO レギュレータ、逆電流保護付
TPS732   - キャップ・フリー、NMOS、250mA、LDO レギュレータ、逆電流保護付
TPS736   - 1 出力 LDO、400mA、可変(1.2 ~ 5.5V)、コンデンサ不要、低ノイズ、逆流保護
TL751M-Q1 - キャパシタ・フリー 車載低ドロップアウト電圧レギュレータ
TLV733P  - キャパシタ・フリー 300mA、低ドロップアウト・レギュレータ、フォールドバック電流制限付き、ポータブル・デバイス用

(おしまい)

一覧に戻る

ページトップへ