丸文株式会社 株式会社ケィティーエルは、
2018年10月1日に丸文株式会社に統合されました。

TI FLASH搭載マイコン向けプログラミングツール UNIFLASH

技術コラム

2018年 4月17日

マイコンコラム

●UNIFLASHとは

CCS Uniflashは、TI MCU上のオンチップフラッシュメモリとSitaraプロセッサ用のオンボードフラッシュメモリをプログラムするために使用されるスタンドアロンのツールです。

Uniflashには、GUI、コマンドライン、およびスクリプトインターフェイスがあります。CCS Uniflashは無料で利用できます。

出典:TI社ホームページ

 

 ダウンロード版は、下記にあります。
Code Composer Studio IDE UniFlash


このダウンロード版を使用すると、使っているPCのリソースを消費してしまいます。

ネット接続を利用できるのであれば、TI Cluod Tools にアクセスして、クラウド版のUniFlashを起動してください


●クラウド版UniFlashの使用方法について

クラウド版を使用する場合はmytiログインが必要になります。 

mytiアカウントをお持ちでない方は、下記コラムの●myTI登録についてを読んで、登録を行ってください。
Code Composer Studio (CCS) のインストール方法
 

myTI画面で、emailアドレスとパスワードを入力してください。


ログイン後のTI Cloud Tool画面で、UniFlashをクリックしてください。


ここで、ローンチパッドをPCに接続してください。
しばらくすると、ローンチパッドが認識され、下図の表示になります。


Choose Your Deviceの中に、まだMSP-EXP430FR2433がボード登録されていないようなので、Enter Device Nameのところに、MSP430FR2433と入力します。

 
 
現れたMSP430FR2433のOn-Chipボタンを押します。


MSP430FR2433が選択されます。

続いて、②Choose Your Connection で TI MSP430 USB1を選択してください。

これでデバイスとエミュレータ接続の設定が完了しました。③Startボタンを押してください。



例として、技術コラムEpisode1-3でダウンロードしたLMT01_AQM1602Y_test.txtを選択します。


下記のようなポップアップ画面が出て、ダウンロードが始まります。

ダウンロードが完了すると下図の通り、Console領域に、

2018/1/11 11:01:30] [INFO] MSP430: There were 3346 bytes written.

[2018/1/11 11:01:30] [SUCCESS] Program Load completed successfully. 
と表示されます。これで、プログラムの書き込みは完了です。 


(おしまい)

一覧に戻る

ページトップへ