丸文株式会社 株式会社ケィティーエルは、
2018年10月1日に丸文株式会社に統合されました。

よくあるご質問 AM335xのEMIFへDDR3を接続し、BeagleBone Blackと同じ様にDDR_CK=400MHz設定とした時、DDR_CK/DDR_CKnにジッタが見られ、周波数にバラツキが見られます。

  • ホーム
  • よくあるご質問一覧
  • AM335xのEMIFへDDR3を接続し、BeagleBone Blackと同じ様にDDR_CK=400MHz設定とした時、DDR_CK/DDR_CKnにジッタが見られ、周波数にバラツキが見られます。
TI製品について
  • Q14.AM335xのEMIFへDDR3を接続し、BeagleBone Blackと同じ様にDDR_CK=400MHz設定とした時、DDR_CK/DDR_CKnにジッタが見られ、周波数にバラツキが見られます。
    A14.DDR PLL (=ADPLL)の逓倍器や分周器は、逓倍率(M)や分周率(NやM2)によってジッタの出かたが変わります。

    Beagleboneblack.gelでの設定では

    ・DDR_CK(CLOCKOUT) = CLKIN x 1/(N+1) x M x 1/M2
    ・CLKIN=24MHz
    ・N=23
    ・M=400
    ・M2=1から
    ・DDR_CK(CLOCKOUT) = 24 x 1/(23+1) x 400 x 1/1
                                       = 400MHz
    となっていますが、

    ・N=2
    ・M=50
    ・M2=1
    ・DDR_CK(CLOCKOUT) = 24 x 1/(2+1) x 50 x 1/1
                                       = 400MHz
    とすることでジッタを抑制することができます。

一覧に戻る

ページトップへ