丸文株式会社 株式会社ケィティーエルは、
2018年10月1日に丸文株式会社に統合されました。

リファレンス/シャント

リファレンス/シャントとは

レファレンス (参照電源) とは、一般的にA/Dコンバータの基準電圧源、つまり変換のものさしを言います。方式としてはシリーズレギュレータを指します。
シリーズレギュレータは入力、出力、GNDの3本の端子があり、入力から出力まで直列 (シリーズ) にトランジスタが入っていてそこを電流が流れます。
初期精度が高い、温度ドリフトが小さいなど高精度なのでシリーズレギュレータがA/Dコンバータの基準電圧源、つまりリファレンス、として使われます。
一方、シャントレギュレータは入力から出力までの間にトランジスタが並列に入って電流を分流 (シャント) する構造が名前の由来です。
基本的にダイオードと同様にアノード、カソードの2端子で使えますのでGNDから浮いた、つまりフローティングの基準電圧を簡単に作れます。AC/DC電源のフォトカプラの駆動用として良く使われます。

メーカー

メーカー
製品

ページトップへ