丸文株式会社 株式会社ケィティーエルは、
2018年10月1日に丸文株式会社に統合されました。

温度センサ

温度センサとは

温度センサとは、物や空気の温度を計測できる半導体で、温度変化に比例した出力電気信号を変換することにより利用可能としたものです。
大分類として接触式・非接触式があります。
 一般的に多く使われる接触式では
・熱電対(ゼーベック効果を利用、温度範囲が広い、Eの場合-200~700℃)
・金属測温抵抗体(白金、ニッケルなど、高価格・高精度、白金の場合-180~600℃)
・サーミスタ(NTC、PTC、CTR:-50~+300℃など、比較的低価格、応答早い)
・IC温度センサー(-40~150℃、外付け回路不要、デジタル出力品もあり)
 などがあり、それぞれの用途・目的に合わせて使い分けます。

メーカー

メーカー
製品

ページトップへ