Nexperiaとロチェスターエレクトロニクスの協業について

ニュース

2018年 7月 5日

メーカニュース

Nexperiaとロチェスターエレクトロニクスの協業について

                                                                        
世界最大規模の半導体製造中止品(EOL)及び現行品を供給するロチェスターエレクトロニクスは、Nexperia認定のパートナーとなりました。


ロチェスターエレクトロニクスは、70社以上の主要半導体メーカーより認定のもと、産業・運輸・軍事・航空・エネルギー・医療・通信・自動車などの主要マーケットに向けて、半導体の製造中止品(EOL)及び現行品の継続供給をサポートしています。150億個以上の製品在庫と7万種類以上の製品展開で、半導体製品の継続供給サービス及び製造ソリューションを提供しています。

ロチェスターエレクトロニクスにとってNexperiaは重要なラインカードとなります。このパートナーシップにより、幅広い高信頼性のあるディスクリート、ロジックそしてMOSFET製品が当社の製品に加わることで、グローバルにて幅広いマーケットへのサポートが可能となり、当社そして顧客からの観点としても、とても利点のあるパートナーシップです。” - Stephen Morris,  General Manager - ロチェスターエレクトロニクスEMEA営業本部

"ロチェスターエレクトロニクスとのパートナーシップは当社にとっても喜ばしいことで、このパートナーシップにより、私達の顧客に対し重要な価値を提供できると自信があります。” - Anthony Coveney, Corporate Account Director - Nexperia

Nexperiaについて
Nexperiaは、自動車、産業、コンピューティング、民生そしてウェアラブルなどのマーケットにフォーカスしたディスクリート、ロジックそしてMOSFETデバイスを専門とする世界的なリーダー企業です。2017年初めに独立するまでは、NXP Semiconductorsのビジネスユニットの一部として製品を提供していました。ロチェスターエレクトロニクスは、2014年よりNXP Semiconductorsのパートナーとして半導体製品の供給サポートをしていましたが、この度のNexperiaとのパートナーシップにより、ディスクリート、ロジックそしてMOSFETデバイスの継続供給サポートが可能となりました。
製品に関するお問い合わせはこちらよりお願い致します

一覧に戻る

ページトップへ